×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘッジファンドの投資とは

ヘッジファンドは通常の場合、機関投資家及び富裕層などから私的に大規模な資金を集めて金融派生商品等を活用した様々な手法で運用するファンドのことを指します。ヘッジファンドはその意味から公募で広く小口の資金を集めて大規模なファンドを形成することを目指すという通常の投資信託と異なります。ヘッジファンドは投資の最低額は日本円で1億円以上と高額である場合が多く、また人数制限がない場合もありますが、ヘッジファンドの参加者はアメリカで99人以下、日本でも49人以下と少人数の限られます。そのため資産規模は一般の大型投資信託に比べてあまり大きくはありません。ヘッジファンドは一般的に私募による投資信託であるため自由な運用が可能で、ヘッジファンドは戦略にもよりますが空売りを積極的に利用するもの、金融派生商品へ投資するものも多くなっています。公募形式では様々な規制もあるため、多くのヘッジファンドは私募形式を採用していてほとんどのヘッジファンドは絶対的収益追求を目標としいかなる状況においてもプラス運用を目標としています。

ヘッジファンドの投資方法

ヘッジファンドへの投資は年金や退職金の基金、銀行および投資顧問等の機関投資家が中心で、運用実績のいい著名なヘッジファンドは、ヘッジファンドが投資家を選ぶということもあり、それはヘッジファンドが規模に制約を設けるということです。それは利回りをプラスにもっていく機会を多くするためと言います。空売りを積極的に利用できるヘッジファンドの場合においては、上げ相場でも下げ相場でも利益を上げる機会があり実際に下げ相場を得意とするヘッジファンドもあリます。その他ヘッジファンドは各種の金融派生商品を駆使して投機的に高い運用利益を上げようとする投資手法をとる場合も存在します。ヘッジファンドの投資方法は様々ですがよく知られるものとして、ロング ショートというヘッジファンドでも最も運用残高の多い投資戦略があります。 それは株式等有価証券のロング(買い持ち)とショート(売り持ち)の双方のポジションを同時に取るものです。

ヘッジファンドと海外情報

日本ではヘッジファンドのエキスパートは少なく、優良なヘッジファンドのほとんどは海外に拠点をもって日本語の詳細情報開示はほとんど行われていないそうです。2006年12月現在では世界に9400を超えるヘッジファンドがあるといわれていますが、実際にはヘッジファンド業界に対する規制は無きに等しく様々な公的監督機関からの具体的な情報も非常に限られているのが現状のようです。ともかくもヘッジファンドには、ヘッジファンドを統括する世界レベルの業界団体もありません。そのため世界レベルのヘッジファンドに関する情報が不足しているといわざるを得ません。個人の資産運用のために米国およびヨーロッパで誕生したヘッジファンドは預かり資産の拡大とともに、富裕層の資産管理に貢献する結果となりました。当初は限られた資産保全が主体でしたが、資産の保全より利益率向上に重点をおく傾向が強くなりました。そして市場の上昇局面でも下落局面でも運用成績を維持するようになったのです。そしてこのような投資手法はさらに専門性を向上させてヘッジファンドが誕生しました。

Copyright © 2007 ヘッジファンド投資